AEDについて

ヤガミAEDコラム

AEDとは

AED(自動体外式除細動動器)とは、心臓が痙攣(けいれん)して正常に拍動できなくなり、血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して電気ショックを行い、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。

従来AEDは医療従事者のみ使う事ができる医療機器でしたが、2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、現在空港、駅、学校、公共施設、大型商業施設などには、必ずと言って良いほど設置がされています。その他企業など人が多く集まるところを中心に設置され、さらには企業や施設の規模に関わらず、危険を伴う業務に携わる職場や、フィットネス・スポーツ施設はもちろん、コンビニ、スーパー、カーディーラー、銀行など、AEDは広く普及が進んでいます。

心室細動(VF)・心室頻拍(VT)は突然心停止の最も一般的な原因です。

突然心停止は事前の徴候や症状なく突然発生するケースも多く、いつどこで発生するか分からない恐ろしい症状です。

特に心室細動は、唯一の効果的な治療法が除細動器(AEDを含む)で電気ショックを与え、正常な心拍を取り戻すことといわれています。

AEDは電源を入れると操作方法を音声でガイダンスしてくれます。使い方の講習を受けた事がない方でも、ガイダンスの指示に従って誰でも簡単に使用する事が可能です。

電気ショックについても、心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方のみ電気ショックを行う仕組みになっています。電気ショックが必要でない方へ、間違えて電気ショックを行ってしまう事は起こらない仕組みになっています。

2018年のデータによると、全国で一般市民の方が実際にAEDを使用した事例は、1,254件あります。

※令和元年版 救急救助の現状より

https://www.fdma.go.jp/publication/rescue/items/kkkg_r01_01_kyukyu.pdf

心室細動とは

心室細動とは、心臓がリズミカルに拍動せず、心臓の筋肉がけいれんをしたような状態となり、心電図上には不規則な波形がみられ全身に血液を送るポンプ機能を失った状態になる致死性不整脈の一つです。

心室細動が起きると、体中に血液を送り出せない状態となるため、脳にも酸素がいかなくなり意識はなくなり、そのまま心室細動が続くと死に至ります。

残念ながら心室細動は自然に回復することはほとんどありません。

AEDによる電気的なショックで一時的に停止させることで、正常な動きを取り戻す事が必要です。

心室細動心電図

※心室細動の状態の心電図

心室頻脈とは

心室頻脈も心室細動同様に致死性の不整脈の一種です。

心室の筋肉が非常に早いリズムで心臓を収縮させます。一分間に100回以上の拍動を3連続以上繰り返す場合を心室頻拍と呼び、この発作がおこると、心臓はポンプとしての機能を十分に果たせなくなり、より重症な症状を引き起こします。

一分一秒でも早い心肺蘇生が重要

日本では、救急車の現場到着所要時間は全国平均で 8.7 分です(※救急救命概要より)。

AEDによる電気ショックまでの時間が1分経過するごとに、生存率は約7~10%低下します。酸素や栄養を運ぶポンプの働きをしている心臓が停止した状態が続くと

4分以内に脳に障害が発生し、社会復帰しても障害が残る可能性があります。

救急車の到着を待っているだけではなく、傷病者の近くにいる私たち一般市民(バイスタンダー)が電気ショックをできるだけ早く行うことが重要になります。

救命率

時間の経過による蘇生成功率

またAEDだけでなく心肺蘇生(胸骨圧迫・人工呼吸)も非常に重要です。

AEDと心肺蘇生(胸骨圧迫)の実施で社会復帰率は約10倍もアップします。

また、AEDによる電気ショックが必要な心室細動の状態を放置すると、心静止となり、心静止した心臓に対しては、AEDの電気ショックは無効になります。AEDで治すことができる心室細動の状態を継続させ、同時に脳の血流を保つために心肺蘇生(胸骨圧迫)を続ける事は非常に重要です。

AEDは操作方法を音声でガイダンスし、誰でも簡単に使えるようになっていますが、心肺蘇生は普段から訓練をしていたとしても実践する機会はなかなか少なく、いざ本当に胸骨圧迫をする場面を想像すると不安な気持ちになりませんでしょうか?

サマリタンPAD450Pは、そんな不安な気持ちになりがちな胸骨圧迫をサポートする、『CPRレートアドバイザー機能』が搭載されており、音声ガイドにより、はじめての人でも適切な胸骨圧迫へ導きます。

AEDだけでなく、救命のためにできる事として胸骨圧迫は欠かせません。そのため、ヤガミでは胸骨圧迫を強力にサポートする機能のついた、サマリタンPAD450Pをおすすめしております。

お気軽にお問合せください

新着コラム

お気軽にお問合せください