可燃性ガスのある環境では危険ですので使わないで下さい。床が濡れている場所に患者が横たわっている場合でも使用できますが、必ず患者の体から水分を拭き取り、又、パットは床に触れないように貼付して下さい。