AEDの電圧・電流はどれくらい?

aed%e3%81%ae%e9%9b%bb%e5%9c%a7%e3%83%bb%e9%9b%bb%e6%b5%81%e3%81%af%e3%81%a9%e3%82%8c%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%84%ef%bc%9f

Warning: Use of undefined constant ‘the_content’ - assumed '‘the_content’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/xsyagami01/yagami-inc.co.jp/public_html/aed/wp-content/themes/aed/index.php on line 15

Warning: Use of undefined constant ‘wpautop’ - assumed '‘wpautop’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/xsyagami01/yagami-inc.co.jp/public_html/aed/wp-content/themes/aed/index.php on line 15

AEDのエネルギー単位は「ジュール(J)」で表現され下記の計算式で求められます。

ジュール(J)=電流(A)×電圧(V)×時間(秒)

電気ショックに使用される電圧は1,200〜2,000V程度、電流は30〜50A程度と、非常に強い電気が流れますが、AEDは電極パッドを素肌に貼り付け、心電図を解析した結果電気ショックが必要な時にだけ、電気を流せる仕組みになっております。そのため、間違えて電気ショックのボタンを押してしまっても電気が流れる事はありませんので、ご安心下さい。実際に電気ショックをする際は、傷病者に触れていると感電する恐れがあります。電気ショックを実行する際は、傷病者に誰も触れていない事を十分確認をしたうえで、電気ショックのボタンを押して下さい。

お気軽にお問合せください
無料見積・お問合せ お役立ち資料